TOC

This article is currently in the process of being translated into Japanese (~70% done).

XMAL:

What is XAML?

XMALとはeXtensible Application Markup Languageの略で、マイクロソフトのGUIを記述するXMLの拡張です。WinFormのような以前のGUIフレームワークでは、GUIはGUIとの対話に使用するC#やVB.NETなどと同じ言語で作成されていました。また、通常はVisual Studio等のデザイナによって保守されていましたが、XMALでは、マイクロソフトは違う方法を採用しました。

これはXAMLのチュートリアルではないが、XMALはWPFの必要不可欠な部分なので少しだけ使い方を述べます。あなたがWindowを作っているときでもPageを作っているときでも、それはXMALドキュメントとコードビハインドファイルから成り、それらは共にWindowまたはPageを作っています。XMALファイルはその全要素のインターフェースを記述し、コードビハインドは全てのイベントの処理とXMALコントロールの操作手段を持っています。

次の章ではXMALの動作の仕組みと、XMALでインターフェースを作る方法を見ていきます。